【ALISのプロダクト始動!】クローズドベータの事前登録開始

事前登録しないとAlisが受け取れない


0.png

ついにALISのプロジェクトが目に見える形で始動しました!

ブログを始めたこともあって、実はALISには結構注目しています。

CoinExchangeの特徴紹介記事でもさりげなく書いてあるのですが、私も数百枚ですが保有していますしね。

 → CoinExchangeの特徴


で、ALISからのお知らせはこちらです。



大事なことは3つ。

1.5,000名までの先着順
2.事前登録しないとALISトークンの受取ができない
3.この1と2はクローズドベータに限っての話


というわけで私も登録を済ませました。

あまり有益な記事を書いている自覚はありませんが、ALISのクローズドベータが始まったら何かしら記事を書いてみようと思います。


ALISクローズドベータの事前登録手順


上の記事からももちろんサイトへ飛べますが、こちらが公式ページですので紹介しておきます。

ちなみにリファラルボーナスみたいなのは無いようなので、どちらから飛んでも同じです。

 → ALIS公式 事前登録(日本語版)


事前登録のリンクを開くと以下の入力を求められます。

1.png

でも興味のある仮想通貨ではALISは5位です・・・。

正直に書いたので、MONA、XRP、NEM、ZNY、ALISとしました。

というか、むしろ決済関係以外の用途で使われる通貨なので、価値が生まれるかすらよくわからないんですよね。

なので5位までに入れたのすら結構贔屓目に見て、というか仕方なく入れたくらいのもんです。

そんなわけで知人や友人に勧めたいかの評価は「3」にしました。


とりあえず登録・・・はやめてほしい


5,000人のみの事前登録ということで、とりあえず登録しようという人もいるかと思いますが、そういうのはやめてほしいなと思っています。

個人的には、最低限ALISを保有していないと記事にALISを投げ合うことすらできないだろうと思いますしね。

あとは昔のMMOのクローズドベータを思い出してしまって、興味もないのに登録枠が埋まってしまって始まったら過疎ってるみたいなのはALISの将来のためになりませんから。


ALISのこれからについて


ALISの試み自体はすごく将来性があると思っています。

古くは自作のホムペ、ブログ、mixiなど色々なSNSが流行りましたが、ALISの構想は次世代のSNSになりうるのではないかと感じています。

大手のメディアがALISで記事を書き、ALISで収入を得るようなことになると爆発的に流行るのではないでしょうか。

開発陣も毎日Twitterでその日の状況を報告してくれていますので、もはやスキャムということはないと言えるでしょう。

ちなみに現状、ALISを買える取引所は限られていますが、私はCoinExchangeで買いました。

興味があって買ってみようという方がいましたらこちらの記事をどうぞ。
画像多めで書いているので、迷うようなことはないと思います。
 → CoinExchangeの新規登録手順



コメント
コメントする