【世界一の草コイン取引所】Binanceの新規登録手順

登録手順の全てを画像で紹介します


binance

!注意喚起!
最近Binanceのサイトに似せたサイトで登録させるフィッシング詐欺が話題になっています。

最初はGoogle検索で探すのではなく、この記事のようなBinanceへのリンクから飛ぶことをおすすめします。

一度本物のサイトを開けば、後はお気に入り登録から開けば問題ありません。


本物のサイトを開きましょう


 → Binance

こちらのリンクは本物のBinanceへのリンクで間違いありませんので、安心して開いてください。


まずはRegisterを開きます。

1.png


次にメールアドレスを入力します。

このパスワードですが、単なる半角英数字だけではダメで、大文字の英字・小文字の英字・数字を組み合わせる必要があります。

チェックボックスは利用規約への同意ですので、チェックを入れてRegisterをクリックします。

2.png


この時、BOT(ロボット)かどうかの確認が出る場合があります。

カーソルを動かしてできるだけピースがぴったりはまる位置へ移動させましょう。

3.png

BOTが高性能化しているからか、最近は写真の選択形式じゃないんですね・・・。


入力がちゃんと通るとメールを送った旨のメッセージが出ます。

4.png


メールを開いてVerify Emailをクリックすればメール認証は完了です。

5.png

本文中にある5 Security Tipsにはこう書かれています。

Do NOT give your password to anyone!
パスワードは誰にも教えてはいけません!

DO NOT call any phone number for someone claiming to be Binance Support!
Binanceを名乗る人であっても電話番号を教えてはいけません!

DO NOT send any money to anyone claiming to be a member of Binance!
Binanceを名乗る人であっても、お金を送ってはいけません!

Enable Google Two Factor Authentication!
Googleの2段階認証を設定してください!

Make sure you are visiting "www.binance.com"!
本物のBinanceにアクセスしていることを確認してください!

詐欺被害が多いことが伺えますね・・・。


さて、Verify Emailをクリックした後、こんな画面出る人いませんか?

もしかしたら中国語で表示されているかもしれません。

6.png

これはInternet Explorerをデフォルトのブラウザに設定していると表示されるものです。

BinanceはInternet Explorerではアクセスできないので、Google Chromeか360 Browserでアクセスするように、とのこと。

個人的にはGoogle Chromeがおすすめなので、まだインストールしていない方はこちらからどうぞ。
 → パソコン版Chromeを入手


Google Chromeをインストールできたら、同じURLをChromeで開きます。

Verify Emailのリンクを右クリックして「ショートカットのコピー」をします。
7.png


そのリンクをGoogle ChromeのURL入力欄に貼り付ければアクセスできるはずです。

8.png


するとLoginできるリンクが表示されるので、こちらからアクセスします。

9.png


こちらがログイン画面です。

先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

次回のログインのために、この時点でお気に入り登録しておいてもいいかもしれません。

10.png


ログインするとリスクに対する確認を求められます。

理解した上で、右側のチェックボックスにチェックを入れると、I understand, continue>>がクリックできるようになります。

11.png

Make sure you are visiting [ www.binance.com ] to prevent any phishing attacks.
フィッシング詐欺にあわないよう [ www.binance.com ] にアクセスしてください。

Never install any browser plug-ins that claim to be associated with Binance.
Binanceに関連付けられているブラウザのプラグインはインストールしないでください。

Never make any phone calls to anyone that claims to be a Binance Support Representative.
Binanceを名乗る人に電話をかけないでください。

Never disclose your Password, Google Authentication Code, SMS Authentication Code or Google Authentication Key to anyone, including Binance Support.
Binanceを名乗る人を含め、誰であってもGoogle認証コード、SMS認証コード、Google認証キーを開示しないでください。

Never make transactions or send funds to anyone who claims to be a member of Binance Support.
Binanceを名乗る人と個人的に取引をしたり、お金を送ったりしないでください。

メールに書いてあった内容に+αという感じですね。


すると最初にGoogle認証かSMS認証を設定するよう促されます。

一応Skip for now(今は登録しない)も選択肢にありますが、2段階認証は最低限のセキュリティ対策なので、必ず設定しておきましょう。

中国の電話番号を持っていないとSMS認証はできませんので、基本的にGoogle認証一択だと思います。

12.png

2段階認証についてはこちらの記事を参考にしてください。
 → BitFlyerで2段階認証登録


ただBinanceはかなりしっかり確認してきます。

以下のKeyの部分には16文字の英数字が記載されているはずですが、STEP4でこのKeyの入力を求められるため、必ずメモを残しておきましょう。

13.png


STEP2のKey、パスワード、Google認証システムの6ケタの数字を入力すれば、2段階認証の設定が完了します。

14.png


以上で、Binanceの登録は完了です。

ただしここまでだとトレードLv1なので、取引額や入出金は一定額までに制限されています。

この先へ進むにはパスポートの提供が必要になりますが・・・。
個人的には中国系企業にホイホイとパスポート情報はあげたくない・・・というのが正直なところです。

というか、制限に引っかかるような額をBinanceで取引するような方はこんな記事見てないでしょうしね。

個人情報の扱いに関しても堅実に、ということで、ここまでで締めたいと思います。



関連する記事
    コメント
    コメントする