【一攫千金!?未知の草コインがいっぱい】CoinExchangeの使い方

日本では買えない通貨を買ってみましょう!


0.jpg

この記事ではCoinExchangeの画面の見方と取引の仕方を解説します。

ただ日本円では入金することができないため、まずはBTCやLTCを用意してください。

これは国内取引所で購入する必要がありますので、仮想通貨をそもそも持っていないという方はこちらの記事をどうぞ。
 → BitFlyerに口座開設
 → BitFlyerで二段階認証
 → BitFlyerに入金
 → BitFlyerでビットコインを買ってみる

CoinExchangeのアカウントを持っていない方は先にこちらを。
 → CoinExchangeの新規登録手順

CoinExchangeへの入金がまだ方は先にこちらを。
 → CoinExchangeに入金する方法


ではまずCoinExchangeを開きます。

200x45_coinexchange_logo.jpg


サイトを開いたらログインします。

1.jpg


国内の取引所などではアカウントとしてメールアドレスを使いますが、CoinExchangeではユーザー名を使います。

パスワードは自分で設定したものを入力してください。

I'm not a robotもチェックを入れてください。
テストが出ると手間ですが、セキュリティ対策なんだと諦めて画像をポチポチします。

2.jpg


前の記事のとおり2段階認証を設定していれば、ログインするとGoogle Authenticator(2段階認証)を求められますので、スマホのアプリを起動して6ケタの数字を入力します。

3.jpg


Balances画面の見方


基本的に全部英語なので、各メニューについて順に説明します。

4.jpg

MARKETS:取引所のトップページを開きます。左上のロゴと同じリンクです。

FEES:取引手数料や送金手数料を確認できます。

SUPPORT:ヘルプやQ&Aです。

MORE-ABOUT:CoinExchangeとは、が英語で書いてあります。
MORE-API:APIのDLページです。プログラマー向けです。
MORE-BUG BOUNTIES:バグを見つけたら報告してほしいそうです。
MORE-TEAMS:運営しているメンバーなどについてです。

ゲ士魅沺璽:ポンポン鳴る音を消せます。

Ψ遒離沺璽:昼モード(背景が白)と夜モード(背景が黒)を切り替えられます。

MY ACOOUNT-Balances:資産管理画面を開きます。
MY ACOOUNT-Deposits:入金アドレスや入金履歴を確認できます。
MY ACOOUNT-Withdrawals:出金申請や出金履歴を確認できます。
MY ACOOUNT-(Live)Orders:現在注文している(未約定の)取引の一覧が見れます。
MY ACOOUNT-Trade History:約定済みの取引履歴を確認できます。
MY ACOOUNT-Affiliate Account:アフィリエイトとして紹介するときのコードなどが見れます。
MY ACOOUNT-Settings:パスワードの変更や2段階認証の設定・解除ができます。うっかりアカウントロックはしないように。
MY ACOOUNT-Logout:ログアウトします。


左サイドは基軸通貨ごとのマーケット情報です。

5.jpg

BTC MarketsとかDOGE Marketsとかありますよね。

BTCやETHはよく見ると思いますが、CoinExchangeではDOGEやETC、LTCも基軸通貨として扱われています。

上にあるテキストボックスに通貨名を入れれば絞り込むこともできます。


さらに下へいくとTroll Boxというものがあります。

6.jpg

日本語が流れているのは見たことがないですが、これは単なるチャットです。


さらにさらに下へいくとNewly Listedがあります。

7.jpg

これは最近追加された通貨のお知らせです。

例えば一番上のDFTは2月8日にBTCマーケットに追加されたことを意味しています。


あとはお知らせです。

8.jpg

この時は一時ドメインを立てたとか、CoinExchangeからのメールが迷惑メールフォルダに入ってるかもしれないとか、BTC手数料が更新されたとかが書いてありますね。

大事なことはここに載るのだと思いますが、記事作成日時2月13日で最後のお知らせが1月19日・・・。

あんまりお知らせないんですね・・・。


LTCマーケット


さて、それでは前回の記事で入金は済んでいるはずですので、今回はLTCマーケットで通貨を買ってみます。

で、ここでMARKETSではなくて、タブ表示っぽくなっているBalancesか、MY ACCOUNTのBalancesを開きます。

MARKETSが本来なのですが、ダーッと一覧になってしまっているので、個人的にはこっちから入ったほうがわかりやすいと思っています。


Balances画面では上からBTC、DOGE、ETH、ETC、LTCの順になっているので、下へスクロールしてLTC Marketsを見てみます。

9.jpg

ここにあるChangeの%は、LTCに対して価値がどうなっているかを表しています。

例えばDOGEでは、LTCよりも1.41%価値が上がっていることを示しています。

具体的には、画像の時点で1DOGEの値段が0.00003446LTCなので、24H前は0.00003398LTCだった、と読みとります。
LTCで買う場合、より多くのLTCが必要になっているので、24H前よりDOGEの値段が上がっているわけです。

逆にECNは、1ECNの値段が0.86000005LTCなので、24H前は0.99883861LTCだったようです。
LTCで買う場合、より少ないLTCで買うことができるので、24H前よりECNの値段が下がっているとなります。


買ってみる


今回はムーンするといいなってことで・・・MOON Coinを買ってみます。

用途もバックボーンも調べてませんので、この記事用に名前だけで買う感じですけどね・・・。

さて、買うときに入力するのは基本的に◆Ν・い任后

△MOONを何枚買うか。
は1MOONをいくらで買うか。
い蝋膩廚任いらのLTCを払うか。

10.jpg


この3つの要素のうち、2か所入力すると3つ目は自動的に入力されるようになっています。

例えば◆MOON)100000枚、(1MOONを)0.000001LTCと入れれば、い旅膩廚麓動的に0.1LTCとなります。

ただこの入力の仕方だと手数料が計算されないので残高不足になる場合があります。

11.jpg


今回は残高のLTCを使い切りたい。
でも計算するのはすごくめんどくさい。

そんなときは隠しコマンド(!?)を使えば自分で計算しなくても大丈夫です!

12.jpg

自分の保有額のところに隠しコマンドがあってですね。

’磴い燭っ渦舛鯑れてから、∧殕残高をクリックで手数料込みでぴったりに計算してくれます!


と思いきや。


意気込んで紹介した割に「なんだかなー」なんですけど・・・。

微妙に計算ずれててほんの端数が余ったりします・・・。

なので今回はぴったりになるように自分でMOONの枚数を調整しました。

13.jpg


「Submit Buy Order」を押すと確認画面が出ます。

14.jpg


Buyオーダーが受理されるとSell MOONの下に表示されます

15.jpg


これって他の取引所でもあることなんですけど、なんでBuyとSellのオーダーをクロスさせて表示するんでしょうかね。

私はまだ取引歴が浅すぎてよくわからないです・・・。

でもこれでちゃんとMOONのBuyオーダーができましたので、後は指定した単価で売ってくれる人がいれば取引成立です。


ちなみに少し上に自分のオーダーが表示されるので、オーダーのキャンセルはここから行います。

16.jpg



<・・・約3時間後・・・>



やっと買えました・・・。

ここまで記事書いたのに買えなくてどうしようかと思いました(汗

17.jpg

ということでCoinExchangeでの取引の仕方についてでした!



ちなみにこの後すぐ1.5倍の価格(買値0.00000105→売値0.00000157)で売り出しました。
売れるまで1か月くらいかかるかもしれませんっ。



コメント
コメントする