【日本円非対応】CoinExchangeに入金する方法

日本円では入金できませんよ!


0.jpg

この記事ではCoinExchangeへ入金するまでを画像付きで詳しく解説します。

ただ日本円では入金することができないため、BTCやLTCが必要になります。
これは国内取引所で購入する必要がありますので、仮想通貨をそもそも持っていないという方はこちらの記事をどうぞ。
 → BitFlyerに口座開設
 → BitFlyerで二段階認証
 → BitFlyerに入金
 → BitFlyerでビットコインを買ってみる

CoinExchangeのアカウントを持っていない方は先にこちらの記事をどうぞ。
 → CoinExchangeの新規登録手順


ではまずCoinExchangeを開きます。

200x45_coinexchange_logo.jpg


サイトを開いたらログインします。

1.jpg


国内の取引所などではアカウントとしてメールアドレスを使いますが、CoinExchangeではユーザー名を使います。

パスワードは自分で設定したものを入力してください。

I'm not a robotもチェックを入れてください。
テストが出ると手間ですが、セキュリティ対策なんだと諦めて画像をポチポチします。

2.jpg


前の記事のとおり2段階認証を設定していれば、ログインするとGoogle Authenticator(2段階認証)を求められますので、スマホのアプリを起動して6ケタの数字を入力します。

3.jpg


入金するためにまずは自分の資産ページを開きます。

4.jpg


次に入金ですが、これは各通貨のActionボタンから行います。

今回は送金も早く手数料も安いLTCで試してみます。

ActionからDeposit LTCを選択します。

5.jpg


最初は入金用のアドレスが作られていない状態なので、Generate New Addressをクリックします。

6.jpg


すると一瞬で入金用のアドレスが作られます。

こ画面は後でまた見ることができますので、QRコードは画像で保存しなくても大丈夫です。

このアドレス宛てにLTCを送金すると、CoinExchangeのLTC残高に反映されます

もしLTC以外をこのアドレス宛てに送るとGOXしますので気を付けてください。

 → GOXとは

7.jpg


次に国内の取引所からLTCを送る手続きをします。

今回はBitFlyerからLTCを送りますので、入出金メニューを開きます。

8.jpg


今回送金するのはLTCなので「LTCご送付」をクリックします。

9.jpg


クリックすると下にLTCの送金メニューが表示されます。

送金先を登録することになるので、ラベルにはわかりやすいよう「CoinExchange」、アドレスには先ほどのLTC入金用アドレスをコピーして貼り付けます。
※ラベル名は任意なので自分で判断できればなんでもかまいません。

10.jpg


2段階認証を設定していると、認証を求められます。

11.jpg


認証すると、CoinExchangeのアドレスが登録されます

12.jpg


次に今登録したCoinExchangeのアドレスを選択し、送金する数量を入力して送金申請をします。
(書いててふと思ったのですが、「送付」なのは日本的に仮想通貨が「モノ」だからかも?)

13.jpg


本当に送っていいのか、再度認証をします。

14.jpg


この画面になれば送金「申請」が完了したことになります。
※「送金」が完了したわけではありません。

とは言えあとは着金するのを待つしかないので、のんびり待ちましょう。

15.jpg


<・・・約1時間後・・・>


CoinExchangeに着金しました!

16.jpg


ですがなんか時間が変ですね・・・。

BitFlyerに申請したのが2月12日19時17分で、CoinExchangeに着金したのが2月12日11時38分て。

タイムリープしてるわけじゃないので、これは単にCoinExchange側が世界標準時刻で表示しているためと思われます。
日本時間は世界標準より+9時間なので、BitFlyerに合わせて読むとCoinExchangeに着金したのは2月12日20時38分となります。

なので送金申請から大体1時間20分程度で着金した計算ですね。


ちなみに資産管理の画面でも残高が反映されているのを確認できます。

17.jpg


では最後はCoinExchangeの使い方です。



コメント
コメントする