【詐欺・ウィルス・マルウェアに注意】話題のハードウェアウォレットLedger Nano S(レジャーナノS)を買ってみた

使いこなせるか超不安


0.jpg

CoinCheckのNEMハッキングを受けて、「資産が100万円超えたら買おうかな・・・」。
なんて怠けたこと言ってるんじゃダメだなと思って買ってみましたレジャーナノS。

購入の手順はもうたくさんのサイトさんが記事にしてくれているので、その辺は別サイトさんで調べてくださいということで、私が買うときに焦ったことや注意点をメモしておきたいと思います。

どこから買うか


どうせなら、と思って海外の公式からちゃんと買ってみようと思ったんです。

しかしまさかの海外公式が品薄という状況で・・・。
日本への対応は3月下旬になるってゆーんですよ(涙

1.jpg

ついでに以前は58ユーロだったみたいです(買い方を載せているサイトさんの画像にありました)が、現在は79ユーロになっていまして。

2018年2月10日時点で1ユーロ約133円なので、大体1本11,000円弱(送料は無料)ですね。

国内の正規代理店だと15,000円くらいになってしまうんですが、こちらは在庫があるようだったのでお金で時間を買うことにしました。
 → 正規代理店Earth Ship

※私が注文した時は急ぐ人はAmazonで!なんて書いてなかったのですが、この記事を書いている時点ではAmazonでも出品しているようです。

ただ今回色々なサイトさんを見てる中で一つ怖いなーと思ったのがZaifのHPです。

2.jpg

3.jpg

Zaifの「Amazonで購入する」リンクの飛ぶ先が、正規代理店の商品ページではないとゆー・・・。

多分このページをZaifさんが作ったときは、Earth Shipが登録していなかったんでしょうね。
なので登録さえすれば誰でも出品可能なもののページに飛んでしまうため、Amazonで買う場合はちゃんとEarth Shipのリンクから飛ぶようにしましょう。

参考までに、3月まで待ってでも海外公式から買いたい!という方はこちらのサイトさんがわかりやすいです。
 → 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

何本買うか


タイトルみて「は?」って思う方がいるかもしれません。
でも1本あればいいってことでもないみたいなんですよね・・・。







ごもっとも。

ということで、こういうところで渋ってはいけない!と2本買っちゃいました

4.jpg

梱包についてはあまり細かくレポートすると悪意ある人に使われてしまいそうなので控えますね。
でもこれは業者さん系じゃないとできないですよね、という感じの包装がされていました。

みなさんも届いたらまずはちゃんと包装されているか確認しましょう。

入っていたもの


5.jpg

箱をあけるとまず本体があり、その下にケーブル類と、レターセットが入っていました。

復旧ワードをメモするための用紙も入っているのですが、メルカリなどで買うと、これを抜いて、最初から復旧ワードが書かれたカードが入っていたりするようです。

そうすると出品した人は同じ復旧ワードを持っているはずなので、手元に残しているLedger Nano sで同じ内容を復旧し通貨を移動する・・・という手口ですね。

今回はそういったことはなく、何もかかれていないカードが入っているだけでした。

6.jpg

ちょっとまとまった時間があるときに設定しようと思いますので、今回はここまでで。

買ったけど私の写真とは中身が違う、という方は使い始める前に出品者や販売店に確認したほうがいいかもしれません。

せっかく1万円以上出して買うお財布ですから、他人も使えたら意味がないですからね・・・。



コメント
コメントする