【自治体×ブロックチェーン】住民票の仕組みこそ最先端

公務員じゃなくてもきっと理解できる


0.jpg

ブロックチェーンの仕組みって皆さんどれくらい理解しているのでしょうか。

前のブロックを継承しているとか、改ざんするには最初までさかのぼらなきゃいけないとか、ハードフォークすると分岐するとか・・・
こういったことを住民票の仕組みに例えて説明できるんじゃないかと思ったので記事にしてみます。

きっと公務員以外にも・・・伝わるはず。

以下、みかみさん=Mikami Coinのようなつもりで読むとよりわかりやすいかもしれません。

出生届=ジェネシスブロック


3.jpg

みかみさんが生まれたとき、親は出生届を提出してくれていますよね。
このとき初めてみかみさんの住民票が作られます。

この最初の住民票が、みかみさんにとってのジェネシスブロックに当たります。

転出・転入届=過去ブロックの継承と新規ブロックの生成


1.jpg

1歳の時、東京都千代田区から引っ越すことになったため、転出届を取りに行きました。
それを持って、引っ越し先の埼玉県さいたま市へ転入届を出しました。

2歳の時、埼玉県さいたま市から引っ越すことになったため、転出届を取りに行きました。
それを持って、引っ越し先の神奈川県横浜市へ転入届を出しました。

3歳の時、神奈川県横浜市から引っ越すことになったため、転出届を取りに行きました。
それを持って、引っ越し先の千葉県千葉市へ転入届を出しました。

転入届には転出届を添付しなくてはならないので、引っ越した先の役所には必ず前の住所地の情報が引き継がれます。
ブロックチェーンも、1つのブロックを生成するときには必ず過去の情報を持って新規ブロックが生成されます。

もし過去のデータを改ざんして、2歳の時のみかみさんを北海道札幌市に住んでいたことにしようとすると・・・。

2.jpg

(1)1歳の時に住んでいた埼玉県さいたま市の転出情報
(2)神奈川県横浜市の転入・戸籍・住所・転出情報
(3)3歳の時に住んでいた千葉県千葉市の転入情報
(4)北海道札幌市の転入・戸籍・住所・転出情報

少なくともこの4つの役所に不正アクセスを行い、各役所の誰にも気付かれないうちに修正しなければなりません。

ブロックチェーンも同様で、過去の大口資金の送金先を自分のアドレス宛てに改ざんしようとすると、同じように沢山のブロックを改ざんしなければならないんです。

複数の目で確認して登録=役所はプールマイニング(ややこじつけ


4.jpg

通常、住民課には窓口で対応する人、入力する人、決裁する人など色々な役割がありますよね。
複数の人が分担することで、各々がチェック機能を持っていて、間違いが起きないような仕組みになっています。

そして転入手続きが終わるとほとんどの人は住民票の写しをもらっていきますよね。
その時に400円くらい手数料を払っていると思うんですが、これは歳入といってその役所の収入になります。
つまり巡り巡って、職員の人件費などにも使われるお金です。

ブロックチェーンの場合は、たくさんのマイナーがブロックの整合性の正しさを検証しています。
その中で、より早く正しさの証明を行ったマイナーに報酬が支払われる仕組みです。

最近はマイニングも事業化してきているため、複数人でまとまって行うプールマイニングが多いように見受けられます。
役所と同じで、複数の目で確認し、収益を得たら、それをみんなで分配しているような感じです。

子供の自立=ハードフォーク


5.jpg

みかみさんの子供が大きくなって一人暮らしを始めると、みかみさんの世帯から子供が抜けて別世帯になりますよね。
でも別世帯になったからと言っても、戸籍上は親がみかみさんであることがわかりますし、別世帯になった最初の住民票の前住所は、親であるみかみさんと同居していたので同じ住所が記載されることになります。

ブロックチェーンにおいてのハードフォークとはこういうイメージなので、もし何かの理由で分岐しても、分岐した子供の過去をたどっていけば親であるみかみさんにたどり着いてしまうのです。

そして子供には、やっぱり親を超えてほしいと願うものです。
だから親の良いところは引き継いでもらって、悪いところや足りないところは改善されるように育てますよね。

そうして生まれてくるのがハードフォーク後に生まれるコインなので、やはり親より優れた性能であることが基本なわけです。

ただ、いきなり親の知名度を引き継ぐことはできませんし、子供が親より効率的な業務の進め方(より早くブロックを作るとか)ができたとしても、そのやり方に周りがついてこれないかもしれません。

有名な親の子供だから、という理由で最初はチヤホヤされるときもあるんですけど、多くの場合、評価(値段)を下げていくことが多いですしね。

逆にそれでもちゃんと上げてきているBCHとか、本当にいつか親であるBTCを抜く時が来るかもしれません。

実は役所ってすごいのかもしれない


ブロックチェーンの考え方って役所には昔からあったということですねー。
ふと思い立って書いてみたらこんなにうまくハマるとは思いませんでした・・・(自画自賛

ナカモトサトシって実はIT好きの単なる公務員で、兼業兼職とかの手続きが面倒だから匿名で論文を出した・・・なんて話だったら面白いですね。
謎は未だ解明されていませんが、この記事で少しでもブロックチェーンが理解されるといいなぁと思います。



コメント
コメントする