【無料メアドは危険!?】今日から始める仮想通貨(メアド確認編)

ちゃんとしたメールアドレス持ってますか?


1.png

注意 前置き

この記事はいくつかに分けて投稿します。
順番に読んでもらえれば、ビットコインを買うところまでできるよう記事にします。

仮想通貨に興味を持った方へ


2017年末から国内の取引所がテレビCMを流すようになりましたね。
仮想通貨で使われているブロックチェーン技術はまだまだ発展途上にあります。
同時に各通貨の価格も発展途上のため、不安定な状況なのも確かです。

しかし不安定だからこそ、株や為替とは違って大きく利益を出すことができるのも事実。
そして発展途上だからこそ、価格が上昇していく傾向にある分、低リスクでもあります。

もちろん今後も価格上昇が続くことが保証されているわけではありませんが、
そのリスクをできる限り理解した上で、「始める準備」くらいはしてみませんか。

まず始めに


仮想通貨を始めるに当たり、それこそ資金よりも先に必要なものがあります。

それはメールアドレスです。

仮想通貨取引所の口座開設はインターネット上で完結する場合がほとんどです。
というか私は紙の書類で口座開設を行う取引所を知りません。
つまりメールアドレスがないと何一つやり取りができないのです。

口座開設方法を紹介するほとんどのサイトさんにとって、メアドは持ってて当たり前のもので、
取得方法やメリット・デメリットはほとんど触れられていないように感じます。

後になって後悔しないよう、こちらでは少ししっかり目に説明を行います。

すでに有料メアドを持っているのなら


最初に結論を記載しますが、こちらでは有料メアドの使用を推奨します。
すでに有料メアドを持っていて、そのメアドを使える場合はこの記事自体、読みとばしてください。


無料メアドのメリット・デメリット(非推奨)


無料メアドのいいところは、何より無料なところですね。

無料なので何個でも作ることができますし、当然費用もかかりません。
GmailやYahooメールのように大手が運営していれば、それなりに安心感もあります。

ですが、無料メアドのドメイン(@以後「gmail.com」や「yahoo.co.jp」など)では
登録しようにも拒否られてしまう場合があったり、送受信が遅かったり、
最悪の場合、サービス自体が打ち切られてしまうことなどのリスクがあります。

すでに記載した通り、仮想通貨の取引所にはメアドが必須です。
使えなくなったら別のメアドを取って使えばいいと思われるかもしれませんが、
こんなところで変なリスクを取るべきではないと思うのです。

有料メアドのメリット・デメリット(推奨)


有料メアドは、無料メアドの良いところと悪いところを反転させたような感じです。

まず有料なので、好き勝手に何個も作ることはできません。
しかし運営側に収益があるため、勝手にサービスを中止する可能性は相当低いです。

また、有料メアドの場合、ある程度ドメインを自由に選べることもあり、
取引所以外においても、登録で使えないサービスはほとんどないと考えて問題ありません。
(つまり持っていて今後損はないだろう、ということです)

ただし、あくまで有料なので、安くても月100円程度の費用が発生します。
それに有料だからといってセキュリティが完璧!みたいなことはないので、
色々なところで使っていればスパム系メールなんかもきますので、注意は必要です。

自宅にインターネットを導入していれば、プロバイダのメールもここに該当します。

キャリアメアドのメリット・デメリット(個人の好み)


ドコモやauなどのキャリアメールでもできないことはないのですが、
仮想通貨を始めると、たぶんスマホ自体がウォレット(財布)の役割を持つようになります。
もちろん取引も、アプリを出している取引所であればできてしまうのですが・・・。

そんなスマホをなくしたときのことを考えてみてください。
拾った人が私なら、入っているアプリから「仮想通貨やってるな」とわかりますよ?

・・・なんて状況になる可能性は誰にでもあるわけです。

自宅に置いてあるパソコンを紛失するリスクってほぼありませんよね。
それに始めればわかると思うのですが、口座開設も、取引所での取引も、
やはりスマホよりパソコンのほうが画面が大きく入力も間違いにくいです。

最初の作業をスマホで行うメリットはほぼないと思いますので、
この記事をパソコンで読みながら、確実な作業をするのが良いと思います。

おすすめの有料メアド


ここでは私が15年以上使っているLolipopのメールを紹介します。
なぜここを推すかというと、上記のとおり15年も続いているサービスだからです。
もちろん他にもたくさんありますので、ご自分で調べて取得いただいても問題ありません。
 → ロリポップレンタルサーバー

長くなってしまうので申込みからメアド取得までの流れは次の記事にします。

 → 今日から始める仮想通貨(メアド取得編)



コメント
コメントする