仮想通貨用語集(6件追加)

6件追加しました


0.jpg

全ての用語集を見たい方はこちらの記事へ飛んでください。
 → 仮想通貨用語集(随時更新)

以下が今回追加した分になります。

web bot/ウェブボット(うぇぶぼっと)


6.jpg

インターネット(web)上で情報を集めているbot(robot/ロボット)のことです。
AIと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

そんなbotがwebに散らばる様々な情報から今後の展望を予想しているのです。

仮想通貨の世界でいえば、「○○は3月に上昇するだろう」みたいなことですね。
当たることもあるし外れることもありますが、徐々に仮想通貨の認知度が上がっているので、
botからすれば判断材料が増え、今後は今までより当たるようになるかもしれません。

エアドロップ(エアドロップ)


1.jpg

一言で言えば通貨をばらまくことです。

例えば開発されたばかりの通貨があったときに、認知度を上げるためであったり、
流動性を高めるためであったりの理由で開発者などがタダで配るときがあるのです。

これにより取引所で売ってしまう人もいるでしょうが、
売られる→買う人が出る→買われることで認知度も上がっていく、
といった好循環が望める行為のようです。

場合によってはそのままホルダーになる人もいるでしょうしね。

<使い方>
○○でエアドロップやってるよ!→○○がタダでもらえるよ!

<関連用語>
特になし

追加証拠金(ついかしょうこきん)


2.jpg

レバレッジをかけて取引をしていて自分の預けた証拠金を超えて損失を出した場合に、
追加で収める証拠金のことです。(要するに取引所への借金です)

例えば証拠金100,000円を預けた状態で1MONA1,000円だとすると、
現物取引なら100,000円÷1,000円で100MONAしか買えません。

しかしレバレッジ5倍で取引をしたとすると、
1MONA1,000円のときに、500MONA(500,000円分)を買うことができます。

その後、1MONA1,200円になれば+200円×500MONA=+100,000円の含み益になります。

ただし、1MONA800円になったら-200円×500MONA=-100,000円の含み損になるわけですが、
この時点で証拠金=含み益になるので、ここから1円でも下がったら・・・

取引所に借金を作るということ
ですね・・・。

追加証拠金なしの取引所だと、この時点で強制ロスカットとなり、
預けた証拠金100,000円は強制的に回収されます。

追加証拠金ありの取引所でロスカットラインを設定していなかったりすると、
仮に1MONA500円まで下がってしまったら-500円×500MONA=-250,000円の含み損になります。
預けた証拠金を返済にあてたとしても、まだ150,000円の借金を払わなければなりません。

だから私はやりません・・・。
夢はあるかもしれませんが、堅実とはかけ離れていますからね・・・。

<使い方>
暴落したから400万追証きた(涙→レバかけて負けて借金400万背負いました

<関連用語>
ロスカット
レバレッジ

ポートフォリオ(ぽーとふぉりお)


3.jpg

投資先を分散させることです。
「卵は一つのカゴに盛るな」というのは投資の世界では有名な言葉です。

3万円を投資するときに、3万円全額でBTCなど1つの通貨を買ってしまうと、
もしBTCの悪いニュースが出たとき、一気に資産が減ってしまいます。

でもBTCとMONAとXRPを1万円ずつ買っておけば、BTCの悪いニュースが出ても、
MONAとXRPは直接的には下がりませんよね。

このように複数の通貨に資金を分散させて、リスクを抑えるのは投資の基本ともいえます。
ぜひ自分にあったポートフォリオを見つけて極力リスクを抑えるようにしましょう。

<使い方>
私のポートフォリオはBTC:MONA:XRPが1:1:1→BTCとMONAとXRPを資金の1/3ずつ持っています。

<関連用語>
特になし

レバレッジ(ればれっじ)


4.jpg

取引をする際に倍率をかけて行うことです。レバは大変危険です

当たり前の話から入りますが、1MONA1,000円のときに、100,000円で100MONA買えますよね。
その後、1MONA1,500円になれば+500円×100MONAで+50,000円の含み益ですし、
1MONA500円になれば-500円×100MONAで-50,000円の含み損です。

これがレバレッジ5倍だと、100,000円で500MONA、つまり500,000円分を買うことができます。
その後、1MONA1,500円になれば+500円×500MONA=+250,000円の含み益ですし、
ただし、1MONA500円になれば-500円×500MONA=-250,000円の含み損です。

ロスカットや追証など学ばねばならないことは他にもありますので、
もしレバレッジをかけて取引を行うときしっかりと勉強してから始めましょう。

<使い方>
DMMがレバ25倍から5倍になったって→登録する価値なくね?

<関連用語>
追加証拠金
ロスカット

ロスカット(ろすかっと)


5.jpg

含み損がわかっている状態で、それを確定させることです。
略すときはロスカです。損切りとも言います。

1MONA1,000円×100MONA=100,000円分買ったとします。

しかし、悪いニュースなどが出て1MONA800円まで下がってしまいました。

買ったときより-200円だとわかっているのですが、
これはさらに下がりそうだ・・・と予想して売ってしまうとロスカットです。

仮に1MONA500円まで下がっていたら-500円だったわけですよね。
でも-200円の時点で売ったことで、-300円の損をしないで済んだのです。

損(ロス)をしないで済んだ(カットできた)。だからロスカット。

<使い方>
BTC暴落で泣く泣くロスカした・・・→損確定どんまいです。

<関連用語>
特になし



コメント
コメントする