【仮想通貨と一緒にやりたい投資】堅実公務員がセゾン投信を勧める理由

他の投資という選択肢




仮想通貨を始める前の資金準備編で「なくなってもいい額」で始めるべき、と書きました。
 → 今日から始める仮想通貨(資金準備編)

これは本当にそうあるべきだと思っています。

でもいきなり「お金を捨てろって言われても無理!」という方は多いと思います。

そこで、資産の目減りや損切りにも耐えられるメンタルを持つために、
いっそ手堅い投資を先に始めてみるというのはどうでしょうか。

今回はセゾン投信を紹介してみようと思います。

セゾン投信とは


「いそがないで歩こう」

これがセゾン投信のキャッチフレーズです。
焦らず堅実に、という姿勢が感じられてとても気に入っています。

詳細は実際に資料請求をして読んでもらうしかありませんが、
大まかに言えば「堅実コース」と「ちょっとリスキーコース」しかありません。

片方だけでもできますし、両方に毎月いくらずつ、ということもできます。

申し込みの段階で口座から引き落としを選択しておけば、
毎月勝手に引いてくれて勝手に運用して勝手に増やしておいてくれます。

複利運用なのでおろすとき以外は税金を気にする必要がないのもありがたいです。
仮想通貨のように情報を探す必要もなければ運用実績を見る必要もないですしね。

それでも投資は投資ですので、ただ銀行に預けておくということと、
「リスクを取る」ということの違いが感覚的にわかるかもしれません。

みかみさんのセゾン投信積立計画


まず、私は「堅実コース」のみで、現在1年2カ月くらいになります。

ただ私にとってこれが「人生初の投資」だったもので、最初は月1万円とかで始めました。

運用実績を毎月確認するうちに、これは中々悪くないと思ったので、
今は老後資金をこれで賄うために年間50万円程度を積み立てる計画になっています。

みかみさんのセゾン投信運用実績


一番気になるのはきっとここですよね。

序盤が少額だったこともあり、みかみさんの2018年1月までの積立額は40万円程度です。

これに対し口座の残高は積立額+2万円ちょいといったところなので、
年利にすると平均で7%程度という計算になります。
※序盤の積立割合が少ないため年利と積立累計があっていません。

ですが、もし仮にこのまま7%を維持してくれたとすると、
10年後には積み立てた額の1.4倍に、
20年後には積み立てた額の2.2倍に、
30年後には積み立てた額の3.4倍になることが予想されます。

30年もかけて3.4倍ですよ?
仮想通貨に全額入れたら1年で3倍くらいにはなるかもしれませんよね。

でもいいんですよ。

私はこれを続けているので、老後を考えず目先の貯金だけしていれば、
残りは仮想通貨で消えてもかまわないって思えるんですから。

リスクは少しずつ取るもの


仮想通貨は扱うこと自体がハイリスクです。

そこに余剰金以上のお金を入れるなんて、私からしたら狂ってるとか思えません。

日本人はただでさえリスクを取ることを嫌がる国民性なのに、
いきなり仮想通貨に手を出すのはやはり間違っていると思うわけです。

なので今回はあえて仮想通貨以外の投資について書きました。
仮想通貨は盛り上がっていますが、破産者続出じゃ楽しくないですからね。

ぜひリスクや性質を理解した上で仮想通貨の投資を始めてください。

ゆるぢえさんに注意


最後にセゾン投信を調べる上で1つ注意点を記載しておきます。

「セゾン投信」でGoogle検索すると「ゆるぢえさん」のサイトが引っかかると思います。
 → 初心者がセゾン投信を6年続けた結果を公開〜

別にこの記事に問題があるわけではないのですが、
ここに載っている運用実績は鵜呑みにするのは危険なので気を付けてください。

記事には6年以上かけて59万円を積み立てて、現在23万円も増えていると書かれています。

しかし、計算すると平均で年利13%という実績となってしまって、
最近の7%前後という実績からかなりかけ離れています。
※運用益を確認した時期が円安だった可能性もあります。
※記事には利率6%と書かれていますが平均年利6%だと計算があいません・・・。

この記事自体がもう何年も前のものなので仕方ないのですけどね。

参考までに、直近1年での7%程度という運用実績が6年続いたとすると、
下の表のように半分以下の11万円程度しか増えない計算になります。

ついでに10年後、20年後、30年後どうなるかも載せてありますので参考にしてください。



ということでちょっと他ブログさんの批判みたいになってしまうのですが、
こちらは今セゾン投信を紹介するわけなので注意喚起ということで大目にみてください・・・。

よろしくお願いします。



コメント
コメントする