【仮想通貨の購入は少額から】BitFlyerでビットコインを買ってみる

まずは買ってみよう


0.jpg

今回はとりあえず「買う」ことを優先するので販売所を使います。

取引所だと使い方の説明だけで1記事になってしまいますからね・・・。

販売所と取引所の違い


メインの項目ではないのですごーく簡単に説明します。

販売所は運営会社(今回はBitFlyer)と売買するメニューです。
メリットは注文を出せば注文した分を即時買えること。
デメリットは運営会社へ払う手数料が単価に含まれるため割高なことです。

取引所はユーザー(今回はBitFlyerに登録しているユーザー)同士で売買メニューするです。
メリットは販売所より安く買えて高く売れること。
デメリットは需要と供給、単価交渉的なことがまとまらないと取引が成立しないことです。

好みの問題もあると思いますが、慣れたら販売所で買うメリットはほとんどありません。
といっても私は暴落時に買うので、即時買える販売所は結構使ってますけどね。

販売所で買い注文


ではまずはBitFlyerへログイン。
次にビットコイン販売所を開きます。

1.jpg

すると大きく購入価格と売却価格が表示され、その下に注文入力欄があります。
今回は10万円を入金したので、その範囲で買える額ということで0.08BTCを入力してみました。

2.jpg

この状態で「コインを買う」をクリックすると確認画面が出るので、
6秒以内に「注文実行」をクリックすることで即時購入することができます。

3.jpg

1点注意することは、「日本円参考総額」ってありますが、
これは購入価格と売却価格の中値(中間)で計算されています。
購入価格でちゃんと計算すると1,181,843×0.08BTC=94,547円なんですよ。

でも表示は92,014円になってますよね。
しかし支払う日本円は94,547円です。

一応記載しておきますが、これ、逆も然りですからね。
売却価格でちゃんと計算すると1,118,504×0.08BTC=89,480円です。

もしこの時0.08BTCを買って、即時売ると、それだけで5,067円損する仕組みですのでね・・・。

利益を出すって大変です。
まずはこの市場から退場しないことを考えて投資していきましょう。

私もがんばります。



コメント
コメントする