【簡単!無料!効果抜群のセキュリティ対策!】BitFlyerで二段階認証

2段階認証は入金前に設定!


0.jpg

2段階認証はハッキング対策として必須ですので、必ず設定しておきましょう。

ここでは設定の手順からバックアップの取り方までを丁寧に解説します。

Google認証システム(Google Authenticator)


まず最初に、AndroidならGooglePlayから、iOSならAppeleStoreから、
Google認証システム(Google Authenticator)のアプリをインストールしてください。

いずれも「Google認証システム」で検索すればすぐに見つかるはずです。

ダウンロードだけしておいて、ひとまず次へ進みます。

取引所で2段階認証を設定


今回もBitFlyerを例にします。
他の取引所でもほとんど変わりませんので参考にしてください。

ログインしたら、まずホームを開きます。

2.jpg

次に画面右下にある2段階認証のメニューをクリックします。

私はすでに設定済みのため「設定済」と出ていますが、
まだの方は「未設定」と赤で表示されていると思います。

3.jpg

すると次はどんな時に2段階認証を行うのかを聞かれます。
今後ちょっと手間ではありますが、できるだけ全部にチェックをつけておきましょう。

4.jpg

ここで最初にインストールしたGoogle認証アプリを使うのですが、
その前にQRコードを画像で、アカウントキーを画像とメモで残しておきます。

5.jpg

まずQRコードとアカウントキーが画面に見えている状態で、
キーボードの右上の辺りにPrintScreenとかPrntScrnとかそんなキーがありませんか?

これはパソコンの画面そのものを、映っているままにコピーするキーです。

コピーしたら[スタートメニュー]→[アクセサリ]→[ペイント]を開きます。

6.jpg

最初は真っ白な画像が出てくると思うので、[右クリック]→[貼り付け]でもいいですし、
ショートカットキーでCTRL+Vキーで貼り付けてもいいです。

うまくできれば、こんな感じでペイントソフトに「画面を画像として」貼り付けられます。

8.jpg

できたら[ファイル]→[名前を付けて保存]で見つけやすいところに保存しましょう。

アカウントキーについては画像でも残してあるわけですが、
実際に使うときは入力しなければなりません。

画像を見ながら手入力では、誤入力してしまう可能性がありますよね。
こちらは画面上にテキストで記載されているので、ダブルクリックとかで文字列を選択し、
テキストファイルに残しておくとより安全を確保できると思います。

この2つはどちらかがあれば復旧できるので、同じフォルダに入れてもいいですし、
さらに念のためで分けておいてもいいと思います。

私はまとめておいちゃってますけど。

9.jpg

さて、QRコードとアカウントキーのバックアップが済んだらGoogle認証アプリです。
起動すると、最初は何もありませんので「+」をタップします。

10.jpg

アカウントキーを手入力することもできるのですが、面倒なのでバーコードリーダーで。

11.jpg

カメラが起動したら画面のQRコードを読み取らせます。枠があったら一瞬です。

読み込みが成功すると、
「3桁・3桁の数字」と「BitFlyer/メールアドレス」、「1分計」
が表示されると思います。

認証コードは「3桁・3桁の数字」=「6桁の数字」を使います。

また、1分計は、この数字の有効期限をカウントダウンで表示しているので、
認証の数字は1分毎に再計算されて変わっていきます。
いわゆるインスタンスキーというやつですね。

残り時間がない場合は少し待って、余裕をもって入力するといいと思います。

ここで認証の数字を正しく入力すれば、2段階認証の登録は完了です。



コメント
コメントする